記帳代行から申告時の決算書・確定申告書作成といった会計・税務のサービスまで、経験豊富な『医療税務・税理士サポート室』にお任せ下さい。

〒530-0047 大阪市北区西天満5丁目4番13号ユリスト西天満2階
アクセス:「南森町」 駅6番出口より徒歩3分

06-6311-1521

電話受付

9:00~18:00 (土日祝祭日は除く)
※土曜日の面談もお申し出ください

お気軽にお問合せください

窓口現金管理のポイント

5.jpg

こちらでは、医院窓口での現金管理についてポイントをお話しさせていただきます。

窓口の現金は、次の3つに区分して管理しましょう。

  • 窓口で患者さんから受け取る現金
  • 窓口で支払う小口現金
  • 院長が支払う現金

1.窓口の現金受け払い

医院は患者さん診療のつど窓口で一部負担金を受け取ります。

ここでの現金の過大・過小受け取りミスをなくすことが大切です。

  • 窓口現金の受け払いを正確におこないましょう。
    お金の受け取り、特につり銭まちがいをなくす。多く渡しても、少なく渡しても信用度が下がる。現場で、毎日の現金管理を正確におこなう事で、会計処理も毎月・年間正確になります。
     
  • レセコン入力を正確におこないましょう。
    入力ミスが発生した場合、患者さんへの返金・追加請求など新たな事務や、信用低下などをおこす事となります。
具体的な窓口現金の方法

診療が終了の都度レジを閉め現金を確認後、「入金袋」に入れ責任者に渡します。
その日の収入金を銀行通帳にそのまま入金することがポイントです。
銀行通帳に毎日の売上が記載されることになり、その日現金収入と預金残高が明確となります。

  • 現金の過不足が生じないよう正確におこなう。
    現金が過不足となると患者さんにとっても不快感と不信感。
     
  • スタッフにとっても不快感・いやな感じ・責任など。
     
  • 小口窓口経費の支払は、窓口収入から支払をしてしまうと現金を合わすときに合わなくなる場合が多くなります。
     
  • 税務上も問題。
    現金管理が不十分な場合、他の項目もそのように疑いの目で見られます。
    現場管理がルーズであれば会計処理も不正確とかんぐられます。

2.小口窓口経費の支払

現金で支払う経費がどうしても生じます。この場合は、レジ現金のほかに小口窓口支払専用として、別財布を用意し小口現金払いに対応します。通常3万~5万程度の一定額とします。

  • 家計簿程度のノートを作成しスタッフに管理してもらう場合も多いです。
    領収書は、広告用紙を活用し、貼り付け綴っていけば良いでしょう。
     
  • 大口支払は振込み等を活用し、やむを得ない小口支払のみを支払うようするのがポイントです。

3.院長経費の精算

窓口支払以外の現金支払は、通常院長が関係する場合が多く研修会や交際費などです。
これは、院長が立替払いをして1ヶ月に一度精算書に基づき精算します。返済は、銀行より個人口座へ返済し精算します。領収書などは精算書の裏に貼り付ける程度で良いと思います。

無料相談実施中!

医院特別低料金パックや医療の税務会計について、ご不明点やご相談などございましたら、お電話またはお問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

なんなりとご相談ください

  • 本当にこの金額?追加料金はないのですか?
  • この値段で大丈夫?どうしてこんなに安いの?
  • 窓口の現金管理についても相談できますか?
  • 節税対策もしてくれますか?
  • どんな風に相談に乗ってくれるのですか?

貴医院からのお問合せをお待ちしております。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

受付時間9:00~18:00 (土日祝祭日は除く) 
※土曜日の面談もお申し出ください。

担当柄溝 (からみぞ)、中島 (なかしま)、加藤 (かとう)

事務所概要

医療税務・税理士サポート室
(柄溝税理士事務所)

06-6311-1521

06-6311-1522

k-kaikei@cronos.ocn.ne.jp

代表者柄溝 宗生

代表ごあいさつはこちら

住所


〒530-0047
大阪市北区西天満5丁目
4番13号ユリスト西天満2階

・地下鉄谷町線・堺筋線
「南森町駅」下車①番出口、徒歩3分
・JR東西線「大阪天満宮駅」下車地下鉄①番出口、徒歩3分
*堀川戎神社西隣り

主な業務地域

大阪市北区、梅田、京橋、
福島区、大淀区、城東区、
都島区、旭区 など
その他の地域の医院さまも
ご相談ください。

事務所概要・アクセス

お問合せフォーム